All about Photonics

Products/Applications 詳細

HomeGrid Forum、VLC技術を利用

May, 8, 2019, Oregon--HomeGrid Forumによると、G.hn技術で変調する可視光通信(VLC)がスマートホーム、スマートシティの両方で最大の可能性を実現する次の主要なイノベーションになろうとしている。これは、どんな媒体でも流れるG.hn技術の素晴らしい柔軟性を引き続き明示するものである。ワイヤレスが、G.hn媒体として、電灯線、同軸、ツイストペアケーブル、POF階層に加わる。

HomeGrid Forumのマーケティングチェア、Livia M. Rosuは、先頃、VLC技術の能力について世界に向けて講演し、同技術がスマートホームを変革する可能性に言及している。また、同氏は、UK、バーミンガムで開催されたSmart Home Tech Live 2019で、「Lighting: スマートホームのためのBright ideas」パネルを司会した。さらに同氏は、2019年4月初め,ドイツ、Cologne、Gigabit Access Networks 4.0でギガビット接続の新市場とアプリケーションについての2つのパネルを司会した。

「VLCは、高密度接続ニーズがあるスマートホームで大きな潜在力がある。特に極秘データを室内のマルチ接続機器間で伝送しなければならないところでは、大きな潜在力がある。光スペクトルは、低遅延であり、無線周波数スペクトルで、混雑時によく起こる中断を回避するからである。それは、より大きな帯域をサポートし、光源と受信器の両方として動作が可能であり、低消費電力、セキュリティが強化されており、インストールが容易である」と同氏は説明している。

「これは、市場が、前例のない成長率で伸び、2023年までに100億デバイスを上回ると予測されている理由である」と同氏は付け加えている。

VLCとWi-Fiは、両方とも相互を補完するワイヤレス技術である。「Wi-Fiは、移動の自由度が優れている、信号が家庭内で、壁を通して広がり、消費者の家全体を確実にカバーする。VLCは、LEDトランシーバと接続デバイス間に見通し線を必要とする、つまり壁を透過できない。言い方を換えれば、学校や病院などの環境では、VLCは電磁干渉を減らす。したがって敏感なデバイスに影響を与えない。空港や政府機関の建物、サイバーアタックの標的になりうる極秘情報がある場所では、VLCは、視界の外にある外部のものによるデータ傍受のリスクを取り除く、したがって非常に強化されたセキュリティプラットフォームである」とLiviaは説明している。

可視光通信が、その全接続潜在力に達するには、構内ネットワーキングが、VLCの能力をサポートするために、アクセスポイントに強力なバックボーンを提供しなければならない。HomeGrid ForumのG.hn優先技術は、個々の利用ケースや付随する要件にしたがい、VLCやWi-Fi媒体には最高信頼度のバックボーンを提供する。

Rosuによると、スマートグリッド市場は、238億ドルから成長して、2023年には613億ドルに達すると予測されており、スマートシティの発展が促進される。

(詳細は、https://homegridforum.org/)