All about Photonics

Products/Applications 詳細

Instrument Systems、高分解能レーザとVCSEL光源評価装置

csm_vcsel_measurements_web_78399c5e54

January, 22, 2019, Munich--Instrument Systemsは、Photonics West2019で、レーザ光源やディスプレイの特性評価用、高分解能分光放射計を紹介する。
 同社は、ドイツパビリオンで、プレミアムクラス分光放射計を展示する。これは、世界的に認められたCAS 140Dがシステムの基盤となり、特殊モデル、高分解能CAS 140CT-HRで補われている。両方の機器は、シミュレートされたアプリケーションで見ることができる。様々なアクセサリと組み合わせて、LEDモジュールやディスプレイのカラーコーオーディネイト、色温度、演色評価数を最高レベル精度で計測可能である。それらは、特に動作中に安定していて確実であるのでCASシリーズのアレイ分光放射計は、製造ラインで24/7利用に最適である。CAS 140CT-HRの設計は、特にレーザダイオード、VCSELなどの狭帯域発光に調整されている。半値幅0.2nmまでの極めて高いスペクトル分解能、9msの非常に短い積算時間により、ラボや製造での高速試験が可能になる。
(詳細は、https://www.instrumentsystems.com)