All about Photonics

Business/Market 詳細

防爆照明フィクスチャ用LEDランプ、2022年に3億300万ドル

August, 25, 2015, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、防爆照明用LEDランプの世界的需要レポートを発表した。
 同レポートによると、防爆照明フィクスチャに使用されるLEDベースランプの世界消費額は、2015年の1億7250万ドルから年率8.4%で増加して2022年には3億300万ドルに達する。
 ElectroniCastは、可燃性の石油化学ガスや粉末が存在するか存在する可能性がある場所での用途で、国際規制にしたがい安全標準に準拠していると認定された照明製品を防爆照明と規定している。
 安全でない照明とは、最も一般的な潜在的点火源の1つ。爆発性のガスまたは粉体を含む労働環境が極めて揮発性の高い環境であること。要は、火花一発で爆発を起こすことを指している。可能性のある発火点が空気にさらされないようになっていれば、市販の多様な照明は防爆照明と考えられている。
 低エネルギー照明器具は、原料物質を点火できるだけのエネルギーを生じないので、爆発を防ぐのに役立つ。しかし、この本質的に安全な設備は、時には低品質の照明である。
 この市場調査プロジェクトの過程で、LEDベースの防爆照明の既存顧客や潜在顧客に加えて、ElectroniCastは、危険性が高いエリアでの利用に適した多様な範囲の危険領域照明製品の照明メーカー50社以上を調査した。照明フィクスチャは、爆発性の期待や粉体が見つかる状況向けに設計されており、爆発の危険性がない適切な照明を提供する。
市場予測データは、次の4つの主要アプリケーションに分けられる。
・発電所、ポンプ場、変電所
・軍事基地、空港、他の輸送施設
・ガソリンスタンド、塗装ブース、他の商用/産業用途
・油田、石油精製所、海上石油プラットフォーム、油槽、トンネル、埠頭、最高および他の類似施設

 ガソリンスタンド、塗装ブースおよび商用/産業用カテゴリは、2015年に相対市場シェアで世界消費の49%(8470万ドル)を占め、市場リーダーと予測されている。産業カテゴリ関連の石油と採鉱は、照明需要では他のアプリケーションカテゴリと比べて相対的に飽和している。軍事基地、空港および他の油槽カテゴリは漸次的着実に成長すると予測されている。多数のエンドユーザ施設、拡張可能性、有効市場が基盤になっている。
 ElectroniCastは、発電所、ポンプ場、変電所カテゴリも防爆照明の利用では相対的に飽和していると見ている。しかし、それは必ずしもLEDベースの防爆照明ではない。したがつて、非LEDランプを利用している既存照明フィクスチャの置き換え需要があるので、LEDベースの製品が市場シェアを増やすと見ている。