All about Photonics

Business/Market 詳細

OLED材料市場、10倍に拡大し90億ドルに

July, 22, 2015, Glen Allen--業界調査会社n-techリサーチのレポート「OLED材料市場2015-2022:勢いとチャンス」によると、OLED材料市場は2015年に9億7000万ドル、2020年には44億ドル、2022年には97億ドルを超える。
調査レポートの要点
・エンドマーケットの中には積極的な展開が続くセグメント(モバイル機器、ウエアラブルエレクトロニクス)もあるが、不確定なセグメント(TVs、照明)もある。
・主要OLED材料に対する価格圧力およびディスカウントは一般的であり、この先数年で主要IPの期限切れによりさらに悪化する見込だ。これは、性能の優れたエミッタを含め、新しい付加価値材料の開発を通じてある程度相殺できる。
・急追エリアの一つは、深青色PHOLEDエミッタとホスト材料で、完全リン光性OLED実現のための最後の鍵となる。これによってパフォーマンスが最大化される可能性がある。この問題を解決するものは誰でも、大きな収益を生み出すことになる。
・新しいOLED材料開発の別の例は、熱的に活性化された遅延蛍光(TADF)。これは非常に高い効率を約束するものであり、イリジウムの使用を回避できる。また、ブルーエミッタの問題も解決できる。ただし、その劣化と温度敏感性には疑問がある。
・OLEDを効果的に溶液から作れるかどうかは、昔からある議論で、今後もなくならない。最近は、この議論が量産準備の方にやや近づいているようだ。
・フレキシブル基板やカプセル化でも改善が進みつつあるが、将来の商用生産OLEDパネルに応えるオプションについてはまだ判定が出ていない。
・OLED材料需要の大半はサムスンが、それよりも少ないレベルでLGがコントロールしている。