All about Photonics

Business/Market 詳細

業務用LED照明、世界市場予測

June, 25, 2015, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、テレビ/放送、映画、ビデオグラフィ(ビデオ撮影)のLED業務用照明の世界市場予測を発表した。
市場予測レポートによると、LED業務用照明ランプ/フィクスチャの世界的消費は、2015年に1億7760万ドルに達する見込みだ。予測期間で、ランプ実装LEDフィクスチャは、2020年に4億ドルに増加する見込みである。このレポートの市場予測データは特定暦年の消費額を指しているので、データは累積データではない。
世界のテレビ/放送局は継続的にLEDベースの業務用照明でスタジオを改良し、新しいHDTVベースの要件を満たすように画像品質を改善している。既存照明に対するLED照明の他の利点は電力消費が少ないことでもある。LEDはエネルギー消費が相対的に少なく、LED照明が発する熱は無視できるので空調も少なくてすむ。
映画分野のLED業務用照明は、主に柔軟性を理由として、照明効果およびセット照明要求により需要が伸びる。1つの光源で様々な色を生成できる。加えて、技術進歩による継続的な性能対コストの改善が、LED照明フィクスチャ市場をニッチソリューションから一般利用ソリューションに押し上げている。
テレビ/放送セグメントのLEDベース業務用照明の世界市場規模は2015年に9350万ドルとなる見込み。映画カテゴリーは5000万ドル、ビデオグラフィ業界セグメントは3410万ドルと予測されている。「TV/放送業界分野は絶えず支出削減が要求されている。これは主に広告売上の減少によるものである。しかし、有料加入者基盤のTVが、照明のアップグレードではテレビ分野の補完となっている」と主席アナリスト、Stephen Montgomery氏は説明している。
「ハイパフォーマンスTV/放送カメラは、スローモーションやHDTV標準ベースの制作で最高度の期待に応えるためにプログレードの照明を必要としている。したがって、エネルギー効率という目標とともに、LEDベースの照明は、スポーツアリーナやスタジアムでの利用では次世代の技術選択の勝者であることが証明されつつある」とMontgomery氏は付け加えている。