All about Photonics

Business/Market 詳細

サイネージとディスプレイLEDs世界市場予測

April, 27, 2015, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、サイネージとプロフェッショナルディスプレイで使用されるLEDs予測を発表した。
市場調査によると、サイネージ/プロ用ディスプレイLEDsの世界市場規模は2014年に20億ドルに達した。また、今後CAGR 12.1%で成長して、2019年には35億6000万ドルに達する見込みだ。
このレポートはLEDs用途をパッケージタイプで区分している。DIP、表面実装型デバイス(SMD)、チップオンボード(COB)/MCOB。また、パッケージタイプそれぞれの用途は次のサイン/ディスプレイタイプに区分されている。デジタルおよびオープンフェースサイネージ/ディスプレイ、バックリットチャネルレター/ボックスサイネージ/ディスプレイ、バックライティングプロフェッショナルLCDディスプレイスクリーン。
DIP(Dual In-line Package) LEDsの消費額は、年率20%超の成長が予測されている。しかし、これはサイン/ディスプレイタイプや地域に依存する。SMD LEDsはマイナス成長となる、これはCOB LEDsやマルチチップCOB LEDs(MCOBs)が年(2014-2019)率179.5%と爆発的な成長が予測されているからである。市場予測データは、特定暦年の消費であり、累積データではない。
「サイネージやディスプレイアプリケーションにおけるCOB LEDsやMCOBsは、比較的新しい。一般にCOBsは一般照明アプリケーションの次世代のLEDパッケージ技術と考えられている。とは言え、COBsは現在ではLEDチャネルレターやパネル/ボックスサイネージ、LCDディスプレイスクリーンのバックライトユニット(BLUs)、デジタルサイネージ/ディスプレイアプリケーションのR&Dや新製品紹介にも入って来ている」とElectroniCastのLED市場/技術調査グループディレクタ、Stephen Montgomery氏はコメントしている。