All about Photonics

Business/Market 詳細

有機LED市場、2020年に2600万ドル

December, 17, 2014, Englewood--IHSの最新調査ノートによると、OLEDパネル市場は現在、約270万ドルと推定されるが、2020年には10倍に拡大し、約2600万ドルに成長する見込だ。
 過去数年のOLED技術の発展により、OLEDパネルの平均販売価格が低下。これは今後も継続すると見られている。2013年のOLEDパネルの平均販売価格は31ドルを切る程度であったが、次の7年で価格は少なくとも40%は下落すると見られている。
 効率、寿命、輝度ではOLED照明はLED照明に対抗することは難しいが、光の品質、パネル重量、放熱、形状効果では優位性がある。とは言え、価格下落にともない、パネル出荷は飛躍的に増加すると予測されている。
 ほぼ確実に言えることは、OLEDよりもLEDの方が大幅な低価格を維持し、効率や寿命の点でも優れている。このことは、当面はLEDが主流技術にとどまることを意味する。市場は成長するものの、次の新技術が現れるまでは、OLEDはLEDの多くの優位性に対抗できないと見られている。