All about Photonics

Business/Market 詳細

LED照明器具の普及は2023年に約28億ドル

December, 9, 2014, Boulder-- ナビガントリサーチ(Navigant Research)の新しいレポートは、2023年までの販売数量と販売額の世界市場予測を含め、商業ビルで使用される照明のグローバル市場を分析している。
 進行中の蛍光照明技術からLED照明技術への移行は、照明業界にとって大きな混乱となり、照明の販売方法が変わる可能性がある。従来の照明システムは、蛍光灯を含め、現状では優勢な技術であるが、この先10年以内にLEDsが一般に好まれる照明技術になると見られている。特に商用市場でそうなる。ナビガントリサーチのレポートは、商用設置されているLED照明器具は2014年の1億8700万から、2023年には約28億に達すると予測している。
 「LED製品は、置き換えの対象になっている蛍光灯に比べると、まだ高価だが、LEDはより効率的であり、他にも利点が多い。例えば、色品質の向上や調光機能。したがって、LED照明への業界全体の移行が勢いを増し、今後加速するものと見られている」とシニアアナリスト、Jesse Foote氏は分析している。
 LEDランプは寿命が長いので、商用照明システムの置き換え周期は著しく長くなる。ナビガントリサーチの予測では、ランプ販売の売上全体は今後10年で下降するので、照明企業は照明装置のサプライヤからサービスや先進的照明制御の提供者に注力を変えざるを得なくなる。