All about Photonics

Business/Market 詳細

航空機照明市場、2020年に20億ドルを突破

October, 1, 2014, Dallas--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の「商用航空機照明市場」によると、市場は2014年に14億6950万ドルに達する見込で、その後2020年までCAGR 5.43%で成長して、2020年には20億1851万ドルに達すると予測されている。
 同調査は、技術(LED、OLED、カスタム制御照明、フォトルミネサントライト)、地域、航空機タイプ(NB, WB, VLA, RTA)ごとに市場分析を行っている。
 航空機照明市場は、航空機のタイプ、製品、技術をベースにして分けられている。製品は、外部照明と室内照明を含む。市場は、技術タイプで、LED、OLED、カスタム制御照明、光輝性に分かれる。このレポートでカバーする航空機のタイプには、VLA, WB航空機、NB航空機、RTAを含む。
 航空機照明で使われる様々なタイプの照明の中で読書灯が最大の売上を生み出すと予測されている。航空機は今、低消費電力、効率増、より優れた制御性などの便益を考えて、よりスマートなLED照明システムを主役にしようとしている。航空機旅行の増加や乗客の快適性改善などが市場拡大の原動力となっている。