All about Photonics

Business/Market 詳細

エネルギー効率の優れた照明市場、2030年に933億ドル

June, 6, 2022, Portland--Allied Market Researchkのレポート「エネルギー効率の優れた照明市場」によると、市場は2021年に462億ドル、2022-2030年にCAGR 8.1%成長で2030年に933億ドルに達する見込である。

従来の照明に比べるとエネルギー効率のよい照明は電力需要低減に役立ち、コスト効果の優れた照明である。この照明は、輝度向上でありながら、エネルギー消費を減らす。それは、熱や電力の形でエネルギーを消費する従来型ランプの置き替えとなる。

エネルギー効率の優れた照明の成長は、特に中国、インドなどの諸国でインフラストラクチャの進歩によるものである。さらに、インフラストラクチャ開発重視の高まり、既存構造の近代化、スマートライフの採用を含め、LEDソリューション需要を押し上げると予測されている。シンガポール、インド、中国、スペイン、UAE、オーストリアにおけるスマートシティ投資も世界的にエネルギー効率の優れた照明産業成長の原動力と見なされている。例えば、ドバイ(UAE)政府は、運輸、通信、公共インフラストラクチャ改善のための100を超える構想を打ち出す計画である。さらに、エネルギー効率の優れた照明採用を促進すると考えられている重要要素の一つは政府のサポートである。

エネルギー効率の優れた照明の世界市場は、光源、アプリケーション、地域に分けられている。光源では市場は、高輝度放電ランプ(HID)、直管型蛍光灯(LFL)、LEDなどに分類されている。アプリケーションでは、分析は、家庭、商業、産業に分けられている。地域では、市場は、北米、ヨーロッパ、APAC、LAMEAで分析されている。

調査の要点
・光源では、2021年、LEDが世界的リーダーとなり、予測期間を通じて最大市場を維持する見込である。
・アプリケーションでは、2021年、商業セグメントがグローバルリーダーとして登場し、予測期間に最大市場となる見込である。
・地域では、ヨーロッパが、予測期間に最速成長率と予想されている。