All about Photonics

Business/Market 詳細

ams OSRAM、園芸用照明システム事業FluenceをSignify社へ売却

January, 25, 2022, Premstaetten--ams OSRAMは、Fluence園芸用照明システム事業とブランドをSignifyに2億7,200万米ドル(デッドフリー・キャッシュフリー)で売却することで合意し、最終契約を締結した。
これは、以前から予想されていた大規模な売却の見通しに沿ったものである。この取引は、照明、可視化、センシングのコア技術分野に事業ポートフォリオを集中・再調整するというams OSRAMの戦略遂行におけるさらなる重要なステップであり、園芸用照明の高度なLEDソリューションも引き続き含まれる。ams OSRAMは引き続き、統合後の事業における園芸用LEDの戦略的サプライヤーであり続ける。

Fluenceは、園芸業界向けにエネルギー効率に優れたLED照明システムソリューションを提供するグローバルなリーディングカンパニー。太陽光のスペクトルを模倣した白色光作成のパイオニアであり、米国テキサス州オースチンに本社を置き、全世界で約200名の従業員を擁している。

「FluenceとSignifyは、園芸市場向けの照明に関する専門性を補完し合う点で、強力な組み合わせである。Signifyは、1世紀以上にわたって革新的な照明技術、製品、サービスを市場に提供してきた業界リーダー。Fluenceの従業員、顧客、ビジネスパートナーにとって、この統合がもたらす将来の機会に期待している」と、デジタルビジネス事業部担当EVP、Wilhelm Nehringは話している。

「ams OSRAMは、園芸市場向けの赤色、青色、白色LEDのリーダーとしての地位を引き続き強固にしていく。Signify、同社の一部となったFluenceに、ビジネスに必要な最先端技術を提供し続ける」と、オプトセミコンダクター事業部担当EVP、Frans Scheperはコメントしている。

ams OSRAMは、プロフェッショナル向けのトップライト、インターライト、垂直農法用を含む、業界最先端の園芸用LED製品群を提供している。園芸照明用LEDの世界的な技術リーダーであり、赤色、青色、白色LEDの幅広い製品群を擁している。赤色LED技術分野のイノベーションリーダーとして、業界をリードするポートフォリオで卓越した効率値を提供している。高出力、中出力LEDファミリーは、660nm(ハイパーレッド)、450nm(ディープブルー)、730nm(ファーレッド)を含む植物成長に重要なすべての波長を、80°、120°、150°の3種類の照射角度で揃えており、あらゆる種類の植物に最適な照明を提供する。ams OSRAMではエピタキシーからチップ設計およびパッケージまでの垂直統合LEDテクノロジーにより、パフォーマンスと優れた効率を保証している。 ams OSRAMのLED製品は、中国、米国、イタリア、ドイツの温室や垂直農場に導入されており、世界中の新しいプロジェクトへと拡大している。