All about Photonics

Business/Market 詳細

Micro-LED市場、2027年までに211億6900万ドル

January, 6, 2022, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「Micro-LED市場、COVID-19の影響分析、アプリケーション(ディスプレイ(スマートフォン、NTEデバイス、スマートフォンとタブレット、TV、デジタルサイネージ)、照明(一般、自動車))、ディスプレイパネルサイズ、業種と地域、2027年までのグローバル予測」によると、micro-LED市場は、2021年に、推定で5億9200万ドル、予測期間にCAGR 81.5%成長で、2027年までに211億6900万ドルに達する見込である。
 Micro-LED市場の成長を後押しする主因は、NTEデバイス向けマイクロディスプレイ需要の増加、micro-LED技術のエレクトロニクス巨大企業の関心増である。しかし、インフラストラクチャ、装置およびプロセス開発への巨額投資の必要性など、複数の要素が、予測期間に市場における主要課題となりうる。

コンシューマエレクトロニクス業が予測期間に市場で優勢
 コンシューマエレクトロニクスは、予測期間に市場シェアに関して優勢であると見られている。コンシューマエレクトロニクス向けの市場には、巨額R&D投資をする多数のスタートアップの出現が見られる。そのような開発は、micro-LED市場の著しい成長につながりそうである。

Near-to-Eye (NTE)デバイスが予測期間にmicro-LEDディスプレイ市場で最高CAGRの見込
 NTEデバイスは、2021-2027に最高CAGRで成長すると推定される。このセグメントの成長は、AR/VRデバイスの高い需要によるものである。また、NTEデバイスには、より高輝度、電力効率のよいLEDが必要とされている。micro-LEDは、この要求に対応しており、したがってNTEデバイスアプリケーションが予測期間に最高CAGRで成長すると予測されている。

航空宇宙と防衛業種が2027年に最高CAGR成長の見込み
 航空宇宙と防衛は、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。航空宇宙と防衛向けの市場では、巨額R&D投資をする多数のスタートアップが出現した。そのような開発は、micro-LED市場の著しい成長につながる見込である。

予測期間に、APACがmicro-LED市場で最高CAGR成長に貢献
 APACは、micro-LED市場全体で最高CAGR成長が見込まれている。APAC micro-LED市場の最速成長は、micro-LED技術採用で、APACのエレクトロニクスジャイアントの関心の高まりが原動力。例えば、エレクトロニクスジャイアントの一つ、Samsungは、デジタルサイネージ産業向けに製品を商用化した。同社の“The Wall”は、micro-LEDデジタルサイネージ(宣伝)業種におけるプレミアム製品の一つである。Sonyもmicro-LED技術を使って数製品を市場投入している。