All about Photonics

Business/Market 詳細

自動車LED市場価値、2021年に35億1000万ドルに達する見込

December, 22, 2021, Taipei--TrendForceの「2020-2021 グローバル自動車LED製品トレンドと地域市場分析」によると、LEDヘッドライトの世界普及率は、2021年に60%を超える、新エネルギー車(NEV)で普及率が90%を超えるからである。
 増え続ける自動車市場の出荷の成長の勢い、LED照明の普及率上昇に影響されて、世界の自動車LED市場規模は、推定で2021年に35億1000万ドル、前年比31.8%成長である。このことは、LEDヘッドライトと自動車ディスプレイLED製品が自動車LED市場成長の主要な原動力になっていることを示している。

自動車半導体不足が、一部の自動車メーカーの間では製造ボトルネックなっているが、自動車メーカーがLED生産者に生産を継続するように求めているので、主要な自動車LEDメーカーの発注書の現状は、2021年末以前には影響はない。自動車LEDメーカーの2021年収益ランキングでは、上位3社はams Osram、Nichia、Lumileds。これら3社の合計市場シェアは71.7%。

自動車照明に関しては、ams Osramが安定した製品品質、優れた照明効率、コストパフォーマンスを活用して、世界のハイエンド車、NEVに好まれるサプライヤになっている。顧客の中には、高い評価を受けているTeslaも含まれる。今年、ams Osramの自動車LED収益は急成長し、年成長率約40.9%で今年末までには13億400万ドルに達する見込である。Samsung LEDのPixCell LEDもTesla Model 3およびModel Yへの組込に成功しており、同社の自動車LED収益を1億2100万ドルに押し上げ、市場シェアは3.4%に上昇する見込みである。

ダッシュボードやセントラルコンソールディスプレイを含む自動車ディスプレイバックライトに関しては、ますます多くの自動車モデルが自動車ディスプレイ製品を装備しているだけでなく、標準がより大きなディスプレイに移行しつつある。現在主流の自動車パネル製品サイズは、12.3-インチ。現在の市場で人気のある特徴を考慮にいれると、HDR、分割輝度調整、広い色域から分かることは、自動車LED市場需要は、次の5年で急成長トレンドを維持するということである。これにより、Nichiaおよび Stanleyが恩恵を受ける。これら2社の今年の市場シェアは、それぞれ23.1%、6.6%と見込まれている。

WICOP製品の高輝度、コンパクトサイズに依存して、Seoul Semiconductorの自動車ヘッドライト市場への浸透度は10%に達した。WICOPは、Changan Automobile, SAIC-GM-Wuling, および Nioを含む自動車メーカーに採用されている。収益予測は1億5500万ドル、市場シェアは約4.4%。ヨーロッパの顧客の発注から恩恵を受けている。Dominantは、業界上位10社の中で最高の年間収益成長、46.3%である。
(詳細は、https://www.trendforce.com/)