All about Photonics

Business/Market 詳細

UV-C LED市場、2030年に189億4000万ドル

September, 2, 2021, Portland--Allied Market Researchのレポート「UV-C LED市場、アプリケーション、グローバル機会分析と産業予測、2021-2030」によると、UV-C LED産業規模は、2020年に2億830万ドル、予測期間にCAGR 59.7%成長で、2030年には189億4130万ドルに達する見込である。

UV-C LEDは、他の従来型UVランプに対していくつかの利点がある。コンパクトサイズであり、エアコンディショナ、空気浄化装置、洗濯機にさえ簡単に組みこめる。UV-C LEDs、ポータブル製品に採用されることがよくある。さらに、スイッチを入れるだけで完全動作となり、プレヒーティング不要である。それに対して、水銀ランプは、殺菌に必要なUV量を放出するまでに10~30分かかる。したがって、予測期間でUV-C LED市場への注目度が高くなっている。

世界のUV-C LED市場成長の主要な原動力は、浄水での採用激増であり、UV-C LEDは、殺菌効果が高い。しかし、UV-C LEDの熱管理は、同技術の大きな懸念となっており、市場成長を阻害する。逆に、家電製品やコンシューマ製品へのUV-C LEDの組み込みが予測期間に市場の成長に有利な機会となる。加えて、UV-C LEDsの最近の単価下落、出力と信頼性の改善は、UV-C LED市場の成長を飛躍的に促進する他の要因の一部でもある。

調査の要点
・2020年、水/空気浄化セグメントが最大収益、予測期間にCAGR 58.4%の大きな成長が見込まれている。
・水/空気浄化とヘルスケアセグメントが合わせて、2020年世界UV-C LED市場シェア55.0%以上を占めた。
・UV-C LED市場でAPACが大きなシェアであり、2020年45.0%以上のシェアだった。
・2020年、中国が最大収益であり、予測期間にCAGR 55.1%成長が見込まれている。