All about Photonics

Business/Market 詳細

LEDは自動車照明の主用光源

July, 12, 2021, Boston--Strategy Analyticsのレポート「自動車照明: LEDの優勢に対抗できるか」によると、自動車照明におけるLEDsだけの需要は、金額で2020年の14億ドルから、2024年には約3倍の39億ドルになる見込である。同社の予測では、スタイル、機能性に対するOEMの要求が、LEDベース自動車照明システム需要をさらに押し上げる。

LEDの効率開発はさらに進んでおり、Tier1ベンダは、LEDヘッドライトモジュール向けにコスト効果の優れたソリューションを開発している。効率改善、放出物および燃料経済任務サポートを迫られていることから、ハロゲンやキセノンからLEDへの移行が増加した。しかし、自動車メーカーは、ライバルメーカーに対する顧客優位性確保のために、LEDベースシステムにますます注目するようになってきている。LEDは、照明システムにおける機能性向上にも利用されている。特にデジタルライトプロジェクション(DLP)やマトリクスLEDヘッドライトである。狙いは、正確な適応型ドライビングビーム(ADB)形成、眩しさのないハイビーム照明利用の増加、それに新しいウエルカム照明、メッセージや仮想レーンマーキングの投影である。

「新興市場領域、ローコスト、ヘビーデューティ分野は、照明システムのサイズ、重量、コストを下げるコンポーネント組込を探しているが、量産市場でスタイリングや機能性要求の増加が、システム開発における半導体ベンダの認知度を高める」とGlobal Automotive Practice (GAP)主席アナリスト、Kevin Makは指摘している。さらに同氏は、「さらに複雑なシステムが開発されると、OEMsはますます、半導体サプライヤに柔軟性を要求するようになる」と続けている。
(詳細は、https://news.strategyanalytics.com/)