All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のスマートストリートライト市場、2025年までCAGR 21.8%成長

April, 7, 2021, New York--Zion Market Researchの調査によると、世界のコネクティッド(スマート)街路灯市場は、2019-2025の予測期間にCAGR 21.8%成長で、2025年には15億280万ドルに達する見込である。
 照明は、急速に変革するスマート技術にとって主要な可能性の1つである。現在、インストールされている多くの照明システムは、普通の照明システムをベスにしている。しかし、エネルギー管理や優れた照明システムに関する意識向上が、コネクティッド(スマート)街路灯市場で活動する競争相手の注目を集めている。加えて、スマート照明領域におけるワイヤレスやセンサ技術の進歩が、市場の成長を後押ししている。世界的に、再生可能な開発をサポートするグリーン戦略に対する要求が激増しているため、市場が成長している。

世界のコネクティッド(スマート)街路灯市場を後押しする新しいワイヤレス技術
 ワイヤレス分野は、コネクティッド(スマート)街路灯市場で最大シェアを占めており、予測期間でもその優位性を維持する見込である。Li-Fiのような最新のワイヤレス技術の導入は、市場の成長に好影響を与えている。しかし、コネクティッド(スマート)街路灯市場は、新興経済圏における貧弱なインフラストラクチャに関する課題に直面している。これは、未発達のシステムインフラストラクチャ、インターネットの低い普及率によるものである。そのため、利用できる帯域が少ない。LEDsの普及増、商用設定で街路灯システム&照明の急速な成長傾向、スマートシティにおけるコネクティッド街路灯技術の力強い出現は、今後数年のコネクティッド(スマート)街路灯市場に大きな影響を与えると見られている。

世界のコネクティッド(スマート)街路灯市場は、コンポーネント、ネットワーキング技術、地域分析に基づいて分けられている。コンポーネントベースでは、市場は、ハードウエア、ソフトウエアおよびサービスに分かれる。ハードウエアセグメントは、光源(ナトリウム灯、LEDランプ、その他)、センサ、ドライバ&バラスト、コントローラ、スイッチ、その他に細分化されている。ネットワーキング技術では、市場は、ミディアムバンド、ナローバンド、ブロードバンドに分かれる。

ヨーロッパが大規模成長の見込み
地域的分析では、市場は北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、APAC、中東&アフリカに分けられている。ヨーロッパ地域が、スマート/コネクティッド街路灯市場で注目すべき成長が見込まれている。UK、ノルウエイ、ドイツ、フランスが市場で上位の国々である。これらの国々の成長は、電気自動車におけるコネクティッド照明の急速な導入によるものであり、これが今度は、予測期間に街路灯市場の需要を増強しそうである。