All about Photonics

Business/Market 詳細

TV用途MiniLEDチップ、2021年に2億7000万ドル

March, 4, 2021, Taipei--TrendForceの調査によると、MiniLEDバックライトTVからのMiniLEDチップの総収益は、2021年に2億7000万ドルに達する可能性がある。メーカーが、徐々に技術的ボトルネックを克服し、製造コスト全般を下げているからである。

TrendForceによると、TVバックライト技術に関して、MiniLEDソリューションのコストは、白色OLEDやエントリーレベル、ダイレクトリットLCDソリューションに比べて約2~3倍低い。したがって、このコスト差が、ディスプレイバックライト採用で、競合に対するMiniLED技術の競争優位性になる。現在、ハイエンドTVs、TVあたり約16000 MiniLEDチップを実装しており、2000のローカルディミングゾーンに分けられている。この市場セグメントでは、PM(パッシブマトリクス) MiniLED TVパネル、BLU(バックライトユニット)をともなうものは、OLED TVパネルよりも約15%低価格であり、コスト優位性がある。一方、ミッドレンジTVセグメントでは、TVごとに、10,000-12,000 Mini LEDチップと 500のローカルディミングゾーンの構成となっており、この市場セグメントにおけるMiniLEDバックライト組込コストは、エントリーレベル、ダイレクトリットLCDバックライトユニットと比べて50%増にすぎないので、このセグメントでもMiniLEDは従来のLCDソリューションの実行可能な代替である。MiniLEDバックライトユニットの高いコスト有効性を考慮すると、TVメーカーは実現可能な技術としてMiniLEDバックライトを採用する見込であり、今年は業界全体でMiniLED TVをめぐる競争が始まる。

MiniLEDチップ、バックプレーン、ドライバICsの最適化ペースがMiniLED産業の急拡大のカギになる
 様々なメーカーが今年、MiniLEDバックライトTVsを発表するにともない、サプライチェーンの関連企業は、結果的に利益を得る。現在、市場には、複数の大手MiniLEDサプライヤが存在する。
 TrendForceの見方では、MiniLEDバックライトディスプレイは、現在、OLEDディスプレイに対して15%低コストであり、競争優位性がある。最終的には、MiniLEDバックライト市場の今後の発展と採算性は、コンポーネントの継続的な最適化に依存する。MiniLEDチップ、MiniLEDバックプレーンおよびドライバーICsを含め、比較的高い配置コストを占めるからである。