All about Photonics

Business/Market 詳細

豊田合成のGaNパワー半導体、環境省のCO2削減プロジェクトに採択

December, 22, 2020, 清須市--豊田合成株式会社は「GaNパワー半導体」の開発において、環境省の「革新的な省CO2実現のための部材や素材の社会実装・普及展開加速事業」に、東海国立大学機構名古屋大学(天野浩教授の研究グループ)および株式会社アイケイエスと共同で選ばれた。

パワー半導体は、電力制御に必要な電子部品で、産業機器や車、家電などに幅広く使われている。現在、再生可能エネルギーや電動車の普及などに伴い、大きな電力を制御する際の電力ロスを低減できる高性能なパワー半導体の実用化が期待されている。

豊田合成は長年の青色LEDの開発・生産で培った知見を活かし、その主材料である窒化ガリウム(GaN)を用いることで、大電力を効率的に制御できる次世代パワー半導体の開発を進めている。環境省のプロジェクトでは、太陽光発電や電動車などの電力を制御するパワーコンディショナーへの適用による電力ロス低減に加え、特定の地域内で電力を融通するマイクログリッド(小規模電力網)への活用も視野に開発を加速させ、電力システム全体でのCO2削減に寄与する。
(詳細は、https://www.toyoda-gosei.co.jp/)