All about Photonics

Business/Market 詳細

MiniLED市場急成長し、2026年に世界で30億ドル超

May, 18, 2020, Maharashtra--Zion Market Researchは、「MiniLED市場、アプリケーション(コンシューマエレクトロニクス、自動車、その他)、地域毎の2020-2026年グローバル産業展望、包括的分析と予測」レポートを発表した。
 それによると、世界のMiniLED市場は、2019年に4720万ドル、2020-2026年にCAGR約81%で成長し、2026年には30億3240万ドルを超える見込である。

MiniLEDは、LCDパネル比較してコントラスト比を改善する新しいディスプレイ技術。標準LEDよりも小さく、標準LCDパネルをライトアップすることができる。MiniLEDは、高価なOLED TVsの製造と比べて、遙かに安価に製造できる。

MiniLED市場は、予測期間に著しい成長が見込まれている。MiniLEDは次世代ディスプレイ技術と考えられている。高輝度、省エネ、素早い応答時間が特徴。輝度とコントラストの特性は、OLEDsよりも優れている。これらの要素が予測期間にMiniLED市場の成長を後押しする。また、TVs、スマートフォン、自動車ディスプレイ需要が予測期間に商用化される。さらに、次世代のディスプレイ技術と考えられているMicroLEDs技術は、多くの問題に直面している。技術的な問題、チップ製造中の原子層成長プロセスの必要性、さらに均一な厚さの改善の必要性である。これらの要素は、MicroLEDの利用を抑制し、予測期間にMiniLED市場の成長を後押しする。

区分けでは、MiniLED市場はアプリケーションと地域に分類されている。アプリケーションでは市場は、コンシューマエレクトロニクス、自動車とその他に分けられている。コンシューマエレクトロニクスセグメントが最大市場シェアを維持しており、予測期間に市場を牽引する見込である、これはTVs、スマートフォン、自動車ディスプレイ需要の増加によるものである。また、スマートウォッチやHMDsも主流アプリケーションになると見られている。市場は、北米、ヨーロッパ、APAC、ラテンアメリカ、中東とアフリカの地域に分けられている。北米とAPACが、予測期間に市場の成長を牽引すると見られている。APACは、ディスプレイ技術の製造に大きく関わっている。