All about Photonics

Business/Market 詳細

コネクテッド照明、市場障害にもかかわらず成長予測

November, 7, 2019, Boulder--電気照明の照明制御は、単純なON/OFFを超えて進歩した。調光、占有センシング、昼光採取、スケジューリングなどさまざまな照明制御戦略は、ビル内の居住体験を改善するだけでなく、エネルギーとコスト削減にも寄与する。センサとコントローラを組み込んだコネクテッド照明システムにより、照明システム内で、データ伝送と通信が可能になる。この市場は、まだ揺籃期だが、コネクテッド照明システムの利点は、こうしたシステムの成長を促進する。

コネクテッド照明システムは世界的成長市場
 ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査「コネクテッド照明展望」は、コネクテッド照明システムの世界の年間販売額は、2019年に13億ドル、CAGR 17.6%成長で、2028年には60億ドルに達すると予測している。成長は、予測期間に世界のすべての地域、商用ビルタイプに見込まれている。北米とヨーロッパが、世界最大収益増に貢献する。市場成長促進に寄与する(省エネ、LEDの増加、IoTの成長など)コネクテッド照明システムには多くの成長因があるが、同様に普及を妨げる多くの障壁も存在する。人材の課題、コネクテッド照明システム複雑さ、一般的な理解の欠如が普及を妨げる。

システム試験と標準グループが市場を透明に
 先頃、USエネルギー省(DOE)が、DOEのNext Generation Lighting Systems(次世代照明システム)プログラムを通じて、屋内コネクテッド照明システム評価の次の局面に関する発表を行った。この次のステージに含まれるのは、既存システムの可能なアップグレード評価、インストールと構成が容易として市場投入される新システムがある。適切に機能し、宣伝されているようにインストールと設定が容易なシステムは、コネクテッド照明システムの普及の妨げとなる、知識不足という障壁を下げ、潜在的に複雑なこれらのシステムの理解に役立つことは確かである。

 別の組織、Design Lights Consortium (DLC)は、コネクテッド照明システムの普及増を狙っている。DLCは、Networked Lighting Controls Quality Product List (QPL)、ケーススタディ、トレーニングプログラムを提供している。QPLによりビルのオーナーやマネージャーは、さまざまなシステムを比較することができる。ビルのオーナーやマネージャーにとっての知識障壁を減らすことで、DLCは、これらのシステムの普及の障壁限定に寄与する。

(詳細は、https://www.navigantresearch.com)