All about Photonics

Business/Market 詳細

スペシャリティライティング市場、2024年に72億ドル

August, 15, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「特殊照明市場、光源(LED、ハロゲンランプ、キセノンバルブ、白熱電球)、アプリケーション(エンタテーメント、医療、UVランプ)、地域(北米、ヨーロッパ、APAC、RoW)毎の2024年までのグローバル予測」によると、市場は2019年の54億ドルから、予測期間にCAGR 5.9%成長で、2024年には72億ドルに達する見込みである。
 市場成長の主因は、ライブミュージックイベントやコンサート数の増加、空気、水、表面殺菌に対する厳しい政府の規制、簡単な外科的処置や大手術で無影灯の普及と採用、LEDのコスト低下と普及増である。スペシャリティライティング(特殊照明)市場の潜在的なチャンスには、エンドユーザー産業からの超純水需要増加、新規アプリケーションの高い成長期待が含まれる。

特殊照明向けLED光源が予測期間に高成長
 LEDは、電子の動きを利用して電気を光に変換する半導体である。消費電力、信頼性、耐久性に関して、LEDは、高輝度放電(HID)/ハロゲンランプよりも環境的利点があるため、LEDは主要照明技術として進化してきた。エンタテーメントアプリケーションでは、LED光源は、光品質、放熱、配光を強化しており、特殊照明アプリケーションでLEDの利用が増加している。LEDは省エネであり、保守が少なくてすむ。LEDセグメントは、特殊照明市場をリードしており、この傾向は予測期間中も継続すると見られている。

特殊照明市場でエンタテーメントが予測期間に最大シェア
 エンタテーメント照明は、特殊照明市場をリードしている。エンタテーメント照明には、観客の注目を維持し、適切な強度、色分布を提供し、演技者への方向を示すランプが含まれる。エンタテーメント照明には、ステージ、スタジオ、その他など、さまざまなアプリケーションがある。ステージ照明がエンタテーメント照明セグメントをリードしており、それに続くのがスタジオ、その他。また、この傾向は、予測期間に変わらないと見られている。ミュージックイベント数の増加により、エンタテーメント用特殊照明需要は、今後増加する見込みである。

APAC特殊照明市場が予測期間に最高CAGR成長
 APACは、医療、UVランプ、エンタテーメント照明など、ほとんどのセグメントで最速発展地域である。予測期間中、同地域は世界の最速成長市場である。住宅、商業、地域政府、産業エンドユーザーの間でUV殺菌装置需要が増加しており、これがUV殺菌装置市場の高成長を後押しする主因である。結果的に、これがUVランプ市場の成長を促進する。空港インフラストラクチャの拡張、照明システムの保守費用制御の必要性が、APAC地域における空港照明市場の成長の原動力である。中国、日本、韓国、インド、台湾、オーストラリア、シンガポールなどの諸国が、主にAPACの特殊照明市場に貢献している。