All about Photonics

Business/Market 詳細

商業ビルのLEDランプ販売額、CAGR 6.9%成長

July, 9, 2019, San Jose--ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査「市場データ: 商業市場向けエネルギー効率照明」によると、商業ビルのLEDランプ販売額は、2019-2028年にCAGR 6.9%で成長する。他の全ての照明技術では、販売額は減少する。
 ナビガントリサーチの新しいレポートは、商用ビルにおけるエネルギー効率のよい照明の世界市場を調査して、2028年までの電球と照明器具の出荷と販売額を予測している。調査は、ランプタイプ、建設タイプ、ビルのタイプに分けられている。
 建物の基準、企業の持続可能性戦略、上昇するエネルギーコストのために、ビルの所有者はエネルギー効率のよい技術を採用せざるを得なくなっている。これらの技術の中で、LED照明が、手に入りやすい有利な条件と考えられることが多い。照明アップグレードは、HVAC、ビル管理システムのアップグレードと比べると相対的に安価な初期投資ですむからである。新しいレポートによる、LEDランプ販売額は、2019-2028年の期間にCAGR 6.9%で成長する見込みである。
 「LEDが最初に販売されるようになってから、LEDの技術は、品質を高め、価格が低下したので、LEDは他の照明技術と競争できるようになった。向上した効率、安価なコストが、世界中の商用ビル市場でLED採用を促進している」とナビガントリサーチのシニア調査アナリスト、Krystal Maxwellは指摘している。
 このレポートの以前の反復は2017年に発表されてから、市場は既存ビルでは継続的なLEDアップグレードトレンド、新規建設ではLED照明システム導入傾向を示している。レポートによると、LEDランプ販売額は、次の10年で増加するが、他の照明技術は全て、販売額が減少する見込みである。
(詳細は、https://www.navigantresearch.com)