All about Photonics

Business/Market 詳細

LED照明市場、2025年に1056億ドル

June, 28, 2019, San Francisco--Grand View Research, Inc.によると、LED照明世界市場規模は、予測期間にCAGR 11.8%で成長し、2025年に1056億6000万ドルに達する見込である。LED製品価格低下にともないエネルギー政策の改正、省エネ製品の開発重視が市場を押し上げると予測されている。さらに、従来のCFLランプと比較して、長寿命、低い熱放射、最も重要な低エネルギー消費が製品需要増の要因となる。
 住宅照明セグメントは、過去数年に大きく成長した。製品価格の低下、さまざまな政府や機関による補助金政策によりLED Aタイプ電球の採用が飛躍的に増加したからである。商用LED照明セグメントは、市場全体で優位を閉めており小売店や企業のオフィスで反射板やダウンライトの大きな需要が発生している。
 産業LED照明の成長は、作業空間照明に関連する政府の規制、高輝度LEDパネルの販売、大量買い入れに対するメーカーが提供するさまざまなスキームによってサポートされている。LED照明技術は、特殊照明市場にも導入てれており、アプリケーションは園芸照明、ヘルスケア照明などの分野で拡大しつつある。

調査の要点
・世界のLED照明器具セグメント需要は、2018年に257億1000万ドル、予測期間に堅調な成長が見込まれている。
・APACのLED照明市場は、次の10年で大きな成長が期待されている。住宅や商用分野でエネルギー効率の優れた照明への大きな需要が生まれているからである。2019-2025年に、このセグメントはCAGR 13.0%が見込まれている。