All about Photonics

Business/Market 詳細

LEDドライバ市場規模、2025年に113億ドル超

June, 21, 2019, San Francisco--Grand View Research, Inc.のレポートによると、世界のLEDドライバ市場規模は、2025年には113億1000万ドルに達する見込である。予測期間にLEDドライバ市場は、CAGR 16.3%で拡大すると予測されている。
 過去10年、LEDは、従来の光源に対してエネルギー効率のよい代替として登場してきた。したがってLEDは、いくつかの産業の照明やディスプレイに広範な需要がある。LED照明は、従来の照明製品を置き換えつつある。長寿命、高エネルギー効率、小型化、低熱出力、指向性がその理由である。
 さらに、先進諸国におけるスマートホーム数の増加によるIoTベースコネクティッド照明ソリューションが、LEDドライバ市場の成長に影響を与える。その上、様々な国の政府が、人口の多い都市のエネルギー効率改善のためにスマートシティ政策を始めている。これが、さらに市場拡大に寄与すると予測されている。定電流LEDドライバ需要は2015-2018年の間に飛躍的に成長した。これらのドライバは、高輝度および屋外照明アプリケーションで広く用いられている。

調査の要点
・定電流セグメントは、2019-2025年に最高CAGR 16.7%が予測されている。これらのタイプのドライバは、一般照明アプリケーションにとってはシステムの信頼性を高める。
・アプリケーション照明セグメントは、予測期間に最大のCAGR 18.6%成長が見込まれている。
・一方、コンシューマエレクトロニクスアプリケーション分野は、2025年まで最大市場シェアとなる見込である。
・2018年、APACが市場をリードした。予測期間を通じて、この優位性は維持される。同地域に厳しい規制があるためで、これが効率的照明ソリューション需要を刺激する。
(詳細は、https://www.grandviewresearch.com/)