All about Photonics

Business/Market 詳細

UV LED市場規模、2022年に12億2400万ドル

December, 28, 2018, Taipei--トレンドフォースの一部門、LEDinside、2018年UV LEDアプリケーション市場レポート、キュアリング、医療および殺菌市場によると、市場は2017年に2億2300万ドルに達し、2017-2022にCAGR 33%で成長して、2022年には12億2400万ドルに跳ね上がる見込である。堅調なキュアリング市場の成長を別にして、表面殺菌、静水殺菌、流水殺菌が2018-2022年UV LED市場の成長を後押しする。

静水殺菌と表面殺菌(大気浄化、家庭用器具など)は、露光時間への要件は低く、需要側は付加価値達成のためにUV LED製品を採用する。その市場アプリケーションは非常に広く、多くの市場が創設されている、ベビー用品、携帯電話、エスカレータ、歯ブラシやトイレット、食器棚、スポーツ用水筒や魔法瓶などの家庭用品。

さらに、流水殺菌は、迅速な殺菌時間を要する。この市場は、製品の出力での要求が相対的に高い。LEDinsideの分析によると、家庭用水浄化市場には主に2つのビジネスチャンスがある、直接飲料水市場と水浄化市場である。加えて、家庭用水浄化は、主に3つの方法を採用する、比重、RO、UV浄水器。逆浸透(RO)は、市場の主流であるが、多重効果達成には多くの浄水法の組み合わせも利用できる。

現在、UV-C LEDのEQE(外部量子効率)は1~4%である。5%に到達すれば、市場の需要は急増する。10%に達すると、市場展開は成熟する。
 LEDinsideによると、Epistar、Lextar、San’anを含む多数のLEDメーカーが、最近UV-C LED製品を開発しており、2018年には275-285nm UV-C LED 製品を発表する。Bioraytron、DOWA、Violumasは、265nm UV-C LEDを発売した。日亜も280nm UV-C LED製品を発表しようとしている。
 将来的には、UV-C LED市場は二極化する。一般消費者市場に参入するものと、ハイエンド商用/産業用市場に参入するものである。