All about Photonics

Business/Market 詳細

2023年にFSO市場は14億5000万ドル、VLC/Li-Fiは750億ドル

October, 1, 2018, Maharashtrs--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「フリースペースオプティクス(FSO),可視光通信(VLC)/Li-Fi市場、コンポーネント(LED、PD、マイクロコントローラ、ソフトウエア)、伝送タイプ、アプリケーション、地域毎の2023年までのグローバル予測」レポートを発表した。
 それによると、FSO市場は2018年の2700万ドルから、2018-2023年にCAGR 39.58%で成長して、2023年には14億5000万ドルに達する見込である。FSO市場成長を後押しする要素は、ラストマイル接続、ライセンス不要、屋外ネットワーキングで負荷過大のRF技術の代替ソリューションである。VLC市場は、2018年の25億6000万ドルから、2018-2023年にCAGR 96.57%成長で、2023年には、750億ドルに達する見込である。この成長の主因は、より高速で安全なデータ転送、RFスペクトル逼迫、低消費電力である。

モバイルバックホールと家電アプリケーションが、FSOとVLC市場で、それぞれ最大シェアを維持する見込
 FSOの主要アプリケーション全体の中でモバイルバックホールアプリケーションが、予測期間で最大シェアを占める見込である。これは、インターネットの普及増、モバイルアプリケーションからのデータトラフィックの増加よるものである。これには、インターネット、ビデオ、データサービスが含まれる。一方、コンシューマエレクトロニクス向けのVLCは、2023年までに最大シェアを確保する見込である。多くのコンシューマエレクトロニクスデバイスがすでにLED技術をそのユーザインタフェースに組み込んでおり、VLC接続実装は安価で,導入が容易だからである。

フォトダイオードが、VLC市場で最速成長コンポーネント
 フォトディテクタ市場は、2018-2023に最高CAGRで成長すると予測されている。この成長は、双方向VLCの商用化によるものである。フォトディテクタは、Li-Fiが双方向通信システム(従来のブロードバンドやWi-Fiと同様に)として機能することを可能にする。フォトディテクタは、双方向VLCの主要コンポーネントであり、LED光源からの光強度の変化検出に役立つ。

APACのFSO/VLC市場は、予測期間に最高CAGR成長
 APACにおけるFSO市場は、2018-2023年に最高CAGR成長が見込まれている。APACにおける、製造工場の増加、先進的インフラストラクチャ、CAD産業の成長が、FSO市場成長の原動力。APACのVLC市場は、最高CAGRで成長する見込である。これは、APACでVLC関連R&D活動の最近の開発と投資増加によるものである。