All about Photonics

Business/Market 詳細

オプトエレクトロニクス市場、2025年に98億ドル

August, 21, 2018, Maharashtra--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)は、「自動車向けオプトエレクトロニクス市場、デバイス(LED、イメージセンサ、赤外、レーザダイオード、オプトカプラ)、アプリケーション、2025年までのグローバル予測」を発表した。
 自動車オプトエレクトロニクス市場は、2018年、推定で38億8000万ドル、予測期間にCAGR 14.13%成長で2025年までには98億ドルに達する見込である。市場成長の原動力は、高級、超高級車の販売増、LED照明や安全アプリケーション需要の増加。

安全性応用分野が予測期間で最速成長
 安全性分野は、車輌の安全性能強化を求めるコンシューマーの要求増大により、最高CAGR成長の見込みである。また、OEMsは安全性機能を装備した車輌を提供するようになり、これがオプトエレクトロニクス市場の成長を後押しする。

デバイスでは、LEDセグメントが予測期間に最速成長
 LEDセグメントは、予測期間に自動車オプトエレクトロニクス市場の金額で最速成長が見込まれている。車内の乗員の快適性と安全性向上のための照明需要増大がLEDセグメントデバイスの成長に影響する。

APACが最速成長地域市場
 アジアパシフィック地域は、予測期間に自動車オプトエレクトロニクスの最速成長市場と見込まれている。この地域の市場成長は、中国、日本、インド、韓国などの諸国で自動車分野の急成長によるものである。さらに、コンシューマーのライフスタイル向上、急激な都市化が、乗用車、商用車需要を押し上げており、従ってこの地域の自動車オプトエレクトロニクス市場の成長を促進する。