All about Photonics

Business/Market 詳細

ElectroniCast、防爆性LED照明市場レポートを発表

June, 26, 2018, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、防爆性照明におけるLED照明器具(ランプ/光源付フィクスチャ)利用の世界的市場予測を発表した。
 ElectroniCastレポートによると、2017年、防爆性照明に利用されるLEDベース照明器具の世界的消費額は、6億7800万ドルに達した。その消費額は、2022年に7億4900万ドル、2027年に8億200万ドルに達する。消費額は、著しい数量増により増加すると予測されているが、平均販売価格の低下によりわずかに相殺される。
 ElectroniCastは、防爆性照明(危険な場所の照明、本質的に安全な照明)を照明製品として定義している。これらは国際規制や安全基準団体に従い、準拠して、次のような場所での利用が認定されている。可燃性石油化学蒸気、粉炭塵が存在する、あるいは存在する可能性がある場所での利用。
 安全でない照明は、最も一般的な発火源の可能性の1つである。爆発性ガスあるいは塵を含む労働環境は、極めて不安定な環境である。爆発を起こすには、1つのスパークがあればよい。発火源が空気に触れないようにしていることから、防爆性照明と考えられる様々な照明が入手可能である。
 低エネルギー照明器具は、原材料を発火させるだけのエネルギーがないために爆発防止に役立つ。しかし、この本質的に安全な設備は、照明品質が劣ることがよくある。
 この市場調査プロジェクトの過程で、LEDベース防爆性照明の既存顧客や潜在的な顧客に加えて、ElectroniCastは、様々な範囲の危険エリア照明製品の70を越す照明メーカーを調査した。これらは、高リスクエリアでの使用に適した照明製品である。
 市場調査は、「この比較的急成長は、メーカーがLEDベースのソリューションを、レガシー技術がすでに提供している照明状況に反応して、デザインインすると考えられることによるものである」と説明している。
(詳細は、http://www.electronicastconsultants.com)