All about Photonics

Business/Market 詳細

未活用のヒューマンセントリック照明の計測・定量化技術

May, 31, 2018, Boulder--ナビガントリサーチ(Navigant Research)によると、標準機構は、ヒューマンセントリックな照明と健康に良いビルの理解のための基準を提供しているが、業界に影響を与えるには明確な計測がまだ必要とされている。
 ナビガントリサーチのレボートは、健康によいビルにおけるヒューマンセントリック照明の役割を分析し、標準化関連の課題を議論し、利害関係者に勧告を与えようとしている。
 健康によいビル、居住者の幸福、健康、生産性に焦点を置いたビルは商用照明産業における新たな機会に道を開く。LEDsと照明コントロールは、直ぐに利用可能なデータ提供に役立つ技術の一端である。これらは、居住者とビルとの関係に影響を与え、コスト削減にも貢献する。しかし、ナビガントリサーチのレポートによると、ヒューマンセントリック照明の計測と定量化に寄与する技術は十分に活用されていない。また、ヒューマンセントリック照明の明確な基準計測についても合意が存在しない。
 「ヒューマンセントリック照明と健康によいビルは、照明業界で拡大している業界用語であり、メーカー、ビルのオーナー、オペレータ、居住者や研究者の注目を集めている」と調査アナリスト、Krystal Maxwellは指摘する。「しかし、関心や入手可能な製品が増えているとは言え、ヒューマンセントリック照明に利用できる研究は欠如しており、その利点を定量化する方法、またそれを計測する最良の方法もない」。
 レポートによると、標準機構は、ヒューマンセントリック照明や健康によいビルを理解するための出発点を提供しているが、計測合意がないために業界の進歩が遅れている。それまでに、政府機関が、グリーンで健康によいビルの構成要素を基準にすることができる。この点はこの種の認定の長期的成功にとって極めて重要であると考えられる。
 レポート「ヒューマンセントリック照明の計測の定量化と標準化」は、居住者の健康と幸福に対する関心の高まりを調査し、ヒューマンセントリック照明と、それが健康によいビルで果たす役割に焦点を当てている。
(詳細は、www.navigantresearch.com)