All about Photonics

Business/Market 詳細

植物育成用照明世界市場、2027年に38億ドル

April, 19, 2018, Boulder--ナビガントリサーチ(Navigant Research)の新しいレポートは、LEDに重点を置いて園芸用照明の世界市場潜在力を調査しており、園芸タイプ、ビルディングタイプ、技術タイプおよび地域に分けて2027年までのランプと照明器具の予測を発表している。
エネルギー効率や作物収量の改善を提供することで、LEDの技術改良が生産者により多くの利益と利点をもたらす。拡大が続く屋内農業市場を利用して、最近の照明メーカーは、作物の生育サイクルの異なる発育段階で作物をサポートするLEDのチューナブルソリューションを供給している。これにより生産者は作物の健康へのあらゆる既知の影響をモニタできるので、さらに導入が促進される。レポートによると、世界的な園芸用照明器具の販売額は2027年までに38億ドルに達する見込みである。
 「園芸用LED市場の成長は、照明器具の導入コスト低下に寄与しており、LED技術の導入を促進している」とナビガントリサーチの調査アナリスト、Courtney Marshallは指摘している。「導入しやすい価格と採用率拡大の間のフィードバックループが市場環境を作ってきた。ベンダが、品質研究で製品アップグレードに注目しているので市場はイノベーションと実験で特徴付けられる」。
業界に万能タイプ的なアプローチが存在しないことが課題であるが、これは実証された拡張性のある照明製品を提供するために既存メーカー、スタートアップ、大学のコラボレーションのチャンスとなる。レポートによると、管理実験を行う学界を利用することでベンダは信頼性を高め、市場の様々なユーザーの支持が得られる照明アプリケーションを見いだす可能性がある。
(詳細は、www.navigantresearch.com)