All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートグリーンハウス市場、2023年に22億8000万ドル

April, 3, 2018, Maharashtra--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の「スマートグリーンハウス市場、タイプ(水耕、非水耕)、技術(HVAC、LED生育照明、灌漑システム、材料取扱、バルブ、制御システム、センサ&カメラ)、地域毎の2023年までの世界予測」レポートによると、スマートグリーンハウス市場全体は2018年の12億6000万ドルから、2018-2023年にCAGR 12.6%で成長し、2023年に22億8000万ドルに達すると予測されている。
 スマートグリーンハウス市場の成長を促進する主要素は、変化する消費者の好みによる屋内農業のトレンド、著しい人口増加による高い食料需要、スマートグリーンハウス照明技術に関する有利な政府規制とインセンティブである。

HVACとLEDがスマートグリーンハウスの主要技術
 HVACシステムは、制御環境で適切な温度を維持するために使用される。HVACシステムは、植物の成長に理想的な温度を維持し、外部の温度変化の悪影響を取り除き、一年中栽培を可能にすることで、極めて重要な役割を担う。HVACシステムは、改善された屋内環境を提供し、運用コストを最小化する。両方の技術がスマートグリーンハウス市場で重要な役割を担う。LED生育照明は、グリーンハウス環境で補助照明として機能する、HVACは植物に適切な栄養を与えるために換気と照明など他の活動とともに暖房と冷房を提供する。さらに、LED生育照明は、そのコンパクトな設計、調整可能な光スペクトル、低温指向性発光により、最良の照明システムである。LED生育照明システムは、3万~5万時間の長い動作寿命、著しい省エネでもある。その結果、LED生育照明とHVAC技術は、技術ベースのグリーンハウス市場で最大規模を占めると予測されている。

非水耕スマートグリーンハウスがより大きなシェア
 非水耕グリーンハウスは、植物生育のベースに土を利用する。従来のグリーンハウス園芸は、すべての植物のベースとして土を利用することで始まった。入手が容易で、インフラストラクチャコストが低いからである。したがって、今でも世界の大半のグリーンハウスはこの技術を踏襲している。非水耕(土壌ベース)グリーンハウスでは、育てる植物のタイプを決めるために土壌の適切な分析を必要とする。

2017年スマートグリーンハウス市場全体でヨーロッパが最大シェア
 ヨーロッパは伝統的にグリーンハウス園芸の先進技術導入で最先端にある。オランダ、スペイン、イタリアなどの国々はグリーンハウス栽培面積が大きい。CEA(Controlled-environment agriculture)はオランダと、冬期に生育がほぼ不可能なスカンジナビア諸国で最も栄えている。
 最近では、ヨーロッパの人口が急増しており、各国がアフリカやアジアの市場から冷凍の果物や野菜を輸入している。屋内園芸が主要諸国の一部で急速に勢いづいているのは、地域耕作農場から生鮮品を確保するためである。