All about Photonics

Business/Market 詳細

照明マネージメントシステム市場、2023年に215億ドル超

March, 23, 2018, Maharashtra--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)は、「照明マネージメントシステム市場、機能(調光操作)、エンドユーザー、アプリケーション、タイプ、地域ごと- 2023年までのグローバル予測」を発表した。
 照明マネージメントシステム市場は、2018年の116億6000万ドルから、CAGR 13.03%で成長して、2023年には215億1000万ドルに達する見込である。エネルギー効率のよい照明自動化システムの普及増が、照明マネージメントシステム市場の主要原動力。北米やヨーロッパのビルオートメーション需要の伸びにより、照明マネージメントシステム供給社にとっては照明自動化システムが潜在的な成長市場となる。

商用セグメントが予測期間で最大シェア
 照明マネージメントシステムは、企業オフィス、ヘルスケア施設、小売業の複合ビル、ホテル、レストラン、教育機関などの商用セットアップで広く利用されている。省エネが、組織体、政府、公共施設、その他の利害関係者にとって主目的となっている。制御と接続性により、照明の個別化が可能になり、ユーザーはエネルギー利用を減らし、空間を最適化し、メンテナンスコストを下げることができる。

調光操作管理の選好増加
 調光操作マネージメントを使って光源のエネルギー消費を減らし、その結果、光源の強度と出力を下げる。ON/OFFスイッチング操作と比べて、調光操作は省エネを改善し、照明を人々のニーズに合わせ、照明の可使時間を拡大することができる。

北米がリーディング市場
 このレポートでは、照明マネージメントシステム市場は、5地域に関して分析された。北米、ヨーロッパ、APAC、南米、中東&アフリカ(MEA)。北米市場が2018年では照明マネージメントシステム市場をリードすると見られている。APACと北米におけるビルオートメーション需要の伸びにより、照明マネージメントシステムの供給社にとっては、照明マネージメントシステムが潜在的な成長市場となっている。さらに、世界のさまざまな地域でスマートシティ開発が増加しており、これが予測期間に新たな商機をもたらす。
(詳細は、https://www.marketsandmarkets.com/)