All about Photonics

Business/Market 詳細

LaaSのグローバル市場規模は2026年に26億ドルに達する

January, 23, 2018, Boulder--ナビガントリサーチ(Navigant Research)のレポートは、商用ビルの照明サービス:lighting as a service(LaaS)ソリューションを調査し、2026年までの市場予測、関連サービスおよび競争環境の詳細を予測している。
 LaaSは、サードパーティによる照明システムのマネージメント。これには、付加的な保守、財政、技術、運用サービスが含まれる。より多くの照明製品やコントロールが市場に出てくるにともない、LaaSは、コスト節約になる最新技術の選択やメンテナンスで支援を必要とする顧客が後押しすると考えられる。新しいレポートによると、世界のLaaS販売額は、2017年に6億6260万ドルであるが、今後CAGR 16.6%で成長して、2026年には26億ドルに達すると予測されている。
 「LaaS市場で、従来の財政モデルから数が増えるターンキーサービスへのシフトが予想される。これは顧客に、審査やデザインからシステムのインストレーション、管理、メンテナンスまでを本格的に提供することになる」とNavigantResearchの調査アナリスト、Krystal Maxwellは説明している。「アズ・ア・サービス(as a service)ビジネスモデルは、事業支出をCAPEXからOPEXに変更、企業は、核心事業分野に注力し、外部委託業務(LaaS)は,市場の発展とともに、サービスプロバイダ、特にターンキーサービスの増加によって最新に保たれる」と同氏はコメントしている。
 同レポートによると、事業支出におけるこのシフトは、次の10年でより一般的になると考えられるトレンドの始まりである。付加的な市場の成長は、成熟したLED市場、IoTアプリケーションへの関心、最終的な収益の増加によって促進される。