All about Photonics

Business/Market 詳細

UV殺菌市場、2023年に42億7000万ドル

December, 21, 2017, Amsterdam--ASDreportsのレポート「UV殺菌市場、2023年までの世界予測」によると、市場は、2017年に19億8000万ドル、2017-2023年にCAGR 13.67%で成長して、2023年には42億7000万ドルに達する見込である。
 UV殺菌市場の成長を牽引しているのは、開発途上国における安全な飲料水の要求増、有利な政府の政策の増加、ユーザーの間での認識の高まり、および環境に優しい殺菌システムの需要増である。

水と廃水がUV殺菌市場を牽引
 安全な飲料水や産業分野での廃水処理の必要性の増加が、水や廃水アプリケーションでUV殺菌市場の成長の主因である。US、UK、ドイツ、シンガポール、インドなどの国々における産業廃水の適切な処理に向けた政府の厳しい規制も、世界中の水と廃水アプリケーションでUV殺菌市場の成長を後押ししている。

地方自治体産業のUV殺菌市場が2017-2023年に最高CAGR成長
 公共施設は水処理を行い、住宅、商業、産業分野のエンドユーザーに供給する責任がある。しかし、安全な飲料水、水塊の有毒物質の適切な廃棄の必要性が増加しており、そのため自治体の施設は、時間のかからない、効果的な殺菌法に転換せざるを得なくなっている。したがって、川や天然の湧き水など天然資源の水の処理、産業廃水の処理の必要性が増加しており、これらが地方自治体分野でUV殺菌市場が成長する主因である。
 2016年、北米がUV殺菌市場で最大シェアだった。
(詳細は、www.asdreports.com)