All about Photonics

Business/Market 詳細

ElectroniCast、LED防爆照明市場予測を発表

September, 7, 2017, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、防爆照明におけるLED照明器具の世界的利用市場予測調査結果を発表した。
 同レポートによると、2016年、防爆照明で使用されるLEDベースの照明器具の世界的消費額は6億6860万ドルだった。消費額は、予測期間(2016-2021)の前半に平均年率2.15%で成長して、2021年には7億4360万ドルとなり、後半では年間成長ペースが鈍化(1.16%)し、2026年には7億8770万ドルに達する見込みである。消費額の増加は、数量増加は著しく速いペースで進むが、平均販売価格(ASP)の低下によってわずかに相殺される。
 ElectroniCastは、防爆照明(危険な場所の照明、本質的に安全な照明)を照明製品として定義している。これらは、国際的な統制および安全基準団体に従っており、準拠している引火性の石油化学蒸気、粉砕塵が存在するまたは存在の可能性があるところで利用される。
 安全でない照明は、着火の可能性が最も多い光源の1つである。爆発性のガスあるいは粉塵を含む労働環境は、極めて不安定な環境であり、1つ火花が出るだけで爆発が起こる。防爆性の照明としては様々なものがある、これは着火源が空気に触れないようになっているためである。
 低エネルギー照明器具は爆発防止に役立つ、原料物質を発火させるだけのエネルギーがないからである。これは、本質的に安全な装置ではあるが、時には低品質の照明である。
 この市場調査プロジェクトの過程で、LEDベース防爆照明の既存カスタマーや潜在カスタマーへのインタビューに加えてElectroniCastは、高リスク領域での使用に適した、多様な範囲の危険エリア照明製品の照明メーカー70社以上を調査した。

市場予測は、以下の製品タイプに分けられている。
・スポット、フロッドおよび一般エリア
・線形: チューブとストリング/ストリップ
・小型ポータブルタイプ: フラッシュライト、ウェアラブルヘッドライト
・特殊、パネルと混合

特殊、パネルおよび混合カテゴリは、予測期間(2016-2021)の前半で最速ペースで成長する見通しである。平均年成長率は、12.85%。「この相対的に速い成長は、主として、すでにレガシー技術が提供している照明条件にメーカーが反応してLEDベースのソリューションをデザインインすることによるものと考えられる」と市場レポートは分析している。