All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のLEDランプ出荷、2026年に約20億に

August, 15, 2017, London--ナビガントリサーチ(Navigant Research)の最新レポートは、LED照明世界市場を調査し、2026年までのランプとモジュールの出荷数量と収益を予測している。
 LEDの採用は、近年継続して増加している。これは価格低下と効果増大に後押しされているからである。エネルギーコストの削減は当初、普及促進の主因であったが、優れた光品質、長寿命、制御性の向上が全てのセグメントでLED市場の成長促進に寄与している。新しいレポートによると、世界のLEDランプ出荷は、2017年の9億6110万から2026年には20億に増加すると予測されている。
「商用、住宅、産業用、屋外照明セグメントで様々な要因があるが、LEDの価格低下とレガシー照明技術と比較した省エネ増大がLED普及に拍車をかけている。この成長原動力以外に、建築基準法や規制、制御性向上の要求がLED普及を一層促進している」とナビガントリサーチの調査アナリスト、Krystal Maxwell氏は分析している。
 照明市場の全てのセグメントが、LEDの普及増による変化を経験しているが、商業セグメントは、住宅や産業セグメント以上の変化を経験している。レポートによると、全てのセグメントが、次の10年で同じように成長し、同じように普及するわけではない。住宅や産業セグメントでは採用が相対的に緩慢なので、LED採用の機会は増える。