All about Photonics

Business/Market 詳細

中国のLED照明市場、2017年までに倍増、74億ドルに

December, 12, 2013, Boston--ラクスリサーチ(Lux Research)の調査レポート「中国のLED照明市場規模」によると、中国のLED照明市場は、現在の31億ドルから2017年には2倍以上、74億ドルに成長する。これは、都市化の進展、エネギー節約目標、価格下落によってLED照明技術が一段と魅力的になるためである、とラクスリサーチは見ている。
住宅と商用分野の両方が原動力となってLED照明はCAGR 24%で成長する。これは、照明市場全体のCAGR5.6%成長を上回る。これにより、照明市場におけるLED照明のシェアは、9.6%から18%に拡大する。

主な調査結果
・広東省、上海、浙江省、江蘇省は第一級の市場。ラクスの調査によれば、これらの地域はLED普及率では最上位にランクされる。広東は、2015年には新旧合わせた最大のフロアスペースとなり、これがLED照明普及の原動力となる。
・住宅セグメントは最速の成長を示している。中国の住宅用LED市場は、2013年の2300万ドルから2017年には3億1000万ドルとなり、CAGR 92%の成長。5つの市場セグメントの中で最高の成長率。これは平均価格の下落スピードが最速で、2013年のフィクスチャあたり6.02ドルから、2017年には3.13ドルになるためである。
・企業統合が進む。中国の最終製品市場は非常にバラバラであり、プレイヤの数か5000を超える。上位50サプライヤの市場占有率はわずか33%、上位10社のシェアは18%にすぎない。今後5年の間に、業界の統合が差し迫っており、低品質製品のサプライヤは消滅に直面している。

(詳細は、 www.luxresearchinc.com)