All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の建築照明市場、2021年に100億ドル超

May, 9, 2017, Toronto--TechNavioは、照明ポートフォリオの中の建築照明世界市場レポートを発表した。市場は2021年までには100億ドルを超える見込みである。
 この市場レポートでは、主な成長原動力と新たなトレンド、Cree Lighting, OSRAM, Philips Lighting, Samsung LED, Seoul Semiconductor, およびGE Lightingなどの主要ベンダーについて分析している。
 照明調査アナリスト、Sunil Kumar Singh氏は、「エネルギー効率のよい照明ソリューションについての政府の規制強化が、ENERGY STAR認定製品の普及を促進している。同認定は、製品の寿命、色品質、エネルギー効率、光出力に対する最小限の要件を満たす製品に対するガイドラインを含む。これらは、照明製品が認定ラベル使用に先立って満たされていないければならい」とコメントしている。
 エネルギー認定プログラムには、ENERGY STAR certification, DesignLights Consortium, およびLighting Design Labなどがある。ENERGY STAR認定LED製品は、白熱電球に比べてエネルギー消費は75%少なく、普及が進んでいる。
 2012年以来、照明の製造コストが下がっている。これは照明製造におけるチップやコンポーネントの平均販売価格(ASP)が下がっているためである。LED照明製品の大量生産は、製造コスト低下の別の理由である。ASP低下によりLED照明の普及と需要が増加している。このため、ベンダーは製造工場をフル稼働させることで製造に関連する変動費を抑制することができる。
(詳細は、www.technavio.com)