All about Photonics

Business/Market 詳細

TechNavio、高輝度LED市場トレンドレポート

April, 12, 2017, Toronto--TechNavioの調査によると、世界の高輝度LED(HB-LED)市場は、2017-2021年の予測期間にCAGR 7%を超える成長が見込まれている。
 TechNavioの調査分析は、アプリケーションタイプに基づいて市場を分類している。2016年の市場シェアは、コンシューマエレクトロニクス(37.09%)、一般照明(31.26%)、自動車(14.35%)、その他(17.30%)となっている。

コンシューマエレクトロニクスセグメントのHB-LEDは、予測期間にCAGR 6%程度で成長すると予測されている。市場のTVsの大半はLEDバックライトであり、TVsとモバイル機器のHB-LEDsの寄与が優勢である。コンシューマエレクトロニクスにおけるシェア低下の主因は、スマートフォンやTVsなどのアプリケーションでOLED技術の採用増加。

「OLEDsは、薄型フレームで高品質画像のコンテンツを提供する。多くのHB-LED会社は、中国市場からの価格戦争と供給過剰のために市場で困難に直面している。その結果、多くの企業が従来のLEDsからOLED技術に移行しつつある」と主席アナリスト、Sunil Kumar Singh氏は説明している。

一般照明セグメントの世界HB-LED市場
ダウンライト、交換用ランプ、屋外照明、商用および産業用照明製品の需要増が、一般照明セグメントでは次の4年、HB-LED世界市場の成長を促進すると予想されている。HB-LEDで電球のASP下落、環境にやさしい照明ソリューションの採用も、市場の成長を促進する要素。

自動車セグメントのグローバルHB-LED市場
自動車市場は、車内と車外の両方でHB-LEDライトの利用が増加する見込みである。HB-LED照明システムは、自動車分野では最速成長照明技術である。自動車セグメントのHB-LEDグローバル市場は、2021年までCAGR 8%程度で成長する見込みである。
(詳細は、www.technavio.com)