All about Photonics

Business/Market 詳細

垂直農業市場、2022年までに58億ドル規模に

January, 25, 2017, Seattle--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「垂直農業市場、2022年までに世界予測」を発表した。
 垂直農業市場は、2016-2022年の予測期間にCAGR 24.8%で成長し、2022年には58億ドル規模に達する見込みである。垂直農業市場の成長を後押しする要因には、殺虫剤不要の高品質食品、生産で天候依存性が少ないこと、都市人口の増加、年中農作物の生産ができること、環境への影響低減などが含まれる。

照明器具が垂直農業市場を促進する
ハードウエアデバイスとしての照明は、金額で、2016-2022年の期間に最高成長率が見込まれている。成長の要因は、従来の照明システムがLED照明システムに置き換わることである。LED照明は、同時にデュアルバンドカラースペクルとを放出できるので、極めて効率的であり、また発熱も少ない。したがって、生産者はLED照明システムへ移行しつつある。

2016-2022年の期間、垂直農業市場で水栽培法が最高成長率
水栽培法の垂直農業市場が、2016-2022の予測期間で最高CAGRで成長すると予測されている。この成長は、水栽培法の導入があまり複雑でないためである。さらに、水栽培法を利用して屋内で農作物を育てると、従来の農業で用いられていた装置の利用がなくなり、したがって化石燃料の利用が減らせる。このことは、環境に害のあるガスの発生を減らすことになる。気候の変動を起こす、空気の汚染、CO2の排出が減る。これら全ての要素を考慮に入れ、垂直農業技術を採用する生産者が多くなっている。

2022年までにはAPAC地域が垂直農業市場の最大シェアを占めると予測されている。
APACにおける垂直農業市場は2022年までに最大シェアとなる見込みである。これは、人口が増加するが肥沃な農地が限られているためである。中国が、この市場では途方もない可能性を持つ。中国は、都市住民に食料を供給するために垂直農業システムの開発にかなりの投資を行っている。日本は、150以上のプラントファクトリーが運用形態で人工照明を設備しており、重要国の一つである。

垂直農業市場の展開に関わる主要プレイヤーは、Aerofarms (U.S.), FarmedHere (U.S.) Koninklijke Philips N.V. (オランダ), Illumitex, Inc. (U.S.), and Sky Greens (Singapore)などである。