All about Photonics

Business/Market 詳細

LEDドライバ市場、2021年に190億ドル

December, 15, 2016, Amsterdam--ザイアン・マーケットリサーチ(Zion Market Research)のレポート「LEDドライバ市場、2015-2021包括的な分析と予測」によると、世界のLEDドライバ市場は、2015年に47億5000万ドル、2016-2021の期間にCAGR 26%を超える成長で、2021年末には約190億3000万ドルの売上高となる見込みである。
 LEDドライバ世界市場は、住宅のLED照明需要増加により、予測期間で大きく伸びると予測されている。UVランプからUV LEDへの移行は、LEDドライバ市場の最新トレンドである。
 成長が続く小売店、オフィス、街灯などのLED照明アプリケーション需要、急速に利用が拡大しつつある住宅用照明アプリケーションが、LEDドライバ市場成長の主要原動力。しかし、LED技術の最大の課題は、ユーザがコストとメリットとのギャップを理解すること。LED照明の住宅と商用アプリケーションが、市場におけるLEDドライバの需要を刺激している。住宅セグメントは、2011年の市場シェアが約40%だった。
 LEDドライバを多く採用している屋外アプリケーションには道路照明、街灯、トンネル照明などがある。インドはLED照明製品の最大コンシューマ基盤であり、近い将来ユーザが著しく増えると予測されている。
 APACは、2021年まで最高成長率で伸びると予測されている。インド、中国などの新興経済における経済の発展がLED照明の利用を促進する。したがって、LED照明の増え続ける需要が、LEDドライバ市場の成長を後押しすることになる。