All about Photonics

Business/Market 詳細

LiFi/可視光通信市場、CAGR 116.8%で成長

November, 21, 2016, Portland--アライドマーケットリサーチは、LiFi/可視光通信市場、2022までの予測を発表した。
 LiFi/可視光通信市場は、2016-2022年の期間にCAGR 116.8%で成長して、2022年には1150億ドルに達する見込みである。
 LiFi技術は、可視光スペクトルを利用するワイヤレスチャネルで双方向、高速通信を容易にする。病院、空港、ショッピング街、オフィス、車両などの閉じた制御環境で利用される。エレクトロニクスデバイスと可視光、とりわけLED電球の助けを借りて通信を提供するために使用されている。
 高速データ通信の必要性、データセキュリティ、近い将来のRFスペクトル不足、それにWiFi技術に対する技術的優位性が主にLiFi市場を後押ししている。経済性は別にして、LiFiは現在普及しているWiFi技術に対し技術的優位性がある。約100倍の高速データ伝送、データセキュリティの強化、EMIフリー、低消費電力。しかし限られた通信範囲が、LiFiのアプリケーションの制限になっている。したがって閉じられた制御環境での利用が最適である。
 LiFi市場は、コンポーネント、業界、地理的に分けられている。コンポーネントベースでは、市場は、LED、フォトディテクタ、マイクロコントローラ(MCU)に分けられる。さらに、市場は、業界をベースにして分類されている。小売、エレクトロニクス、防衛&セキュリティ、自動車&輸送、航空宇宙、ヘルスケアなど。さらに、市場は、北米、ヨーロッパ、APAC、LAMEAの4地域をもとに分析されている。
 LiFi技術はデータ伝送に可視光スペクトルを利用する。US連邦通信委員会の報告によると、RFスペクトルはゆっくりとスペクトル危機に向かっている。スペクトルサイズが限られており、デバイスの数が時とともに増加しているからである。一方、LiFiは、RFスペクトル全体よりも10000倍広い可視光スペクトルを利用する。迫りくるRFスペクトル不足がLiFi技術普及を促進すると期待されており、これにより今後数年でLiFi市場全体の需要が膨らむ。
 LiFiシステムの内部にあるLEDが、LiFi市場全体で大きな役割を果たす。LEDの利用は世界中で奨励されている、低消費電力であり、発光が無害であるからである。様々な国の政府がLED光を補助金で奨励しているので、過去数年でその価格が大きく低下した。このトレンドは、今後数年は続くと見られており、世界中のLiFi普及に貢献すると見られている。
(詳細は、www.alliedmarketresearch.com)