All about Photonics

Business/Market 詳細

急成長する世界の産業用/商業用LED照明市場

November, 16, 2016, NY--2012年、世界の産業用、商用LED照明市場の34%超を上位4プレイヤ(Philips Electronics N.V., Cree Inc., Osram Opto, and GE Lighting)が占めていた。
 Transparency Market Research (TMR)の新しい調査では、これらのプレイヤは、それぞれの製品ポートフォリオを、多様なアプリケーション向けによりスマートな製品とソリューションで継続的に補完している。
 世界の産業用/商用LED市場の機会は、2015年に178億9000万ドルだったが、2013-2019年にCAGR 30.8%で成長して2019年には860億8700万ドルに達する見込みだ。エンドユーザ産業をベースにすると、商用分野は2019年までNo.1の売上貢献分野であり、市場全体の52.6%を占める。小売店、商用ビル、オフィスビルの建設が世界的に増加しており、このことがこのセグメントの成長の原動力になっている。しかし、US、中国、ドイツ、カナダなど様々な国で街路灯導入が増加していることから、屋外照明セグメントに同一期間でCAGR 34.1%の成長が見込まれている。
 地理的には、2015年、ヨーロッパが販売額で最上位だった。エネルギー消費の激増と二酸化炭素排出の増加により政府がエネルギー効率のよい照明を普及させる厳しい政策を行った。こうした政策はヨーロッパ地域のLED照明普及を後押しした。さらに、LED照明の利点についての認識の広がりがこのような照明の需要を促進している。こうした要素により、この地域は2019年まで市場でトップの座を維持すると予測されている。
 APACにおける商用および産業用LED市場の成長は、日本、中国、韓国(South Korea)などの国々における最新照明技術に対する投資増によって牽引されている。APACは予測期間でCAGR 31.7%成長が予測されている。省エネに対する認識の高まり、グリーン技術に対する需要増がこの地域の成長の原動力になっている。