All about Photonics

Business/Market 詳細

LED照明市場、2017年に331億ドル

November, 8, 2016, Taipei--トレンドフォース(TrendForce)のLEDinsideディビジョンの調査「2017グローバル照明市場展望」によると、LED照明市場は、2016年の296億ドルから成長トレンドに乗って2017年には331億ドルに達する見込みである。この間、LED照明の浸透度は52%に達すると予測されている。LED照明は2016年にヨーロッパで照明全体の23%を占め、これは世界最高のシェアとなる。第2、第3の地域は、北米と中国になると見られている。しかしAPAC地域がLED照明の最速成長となる見込みである。
 強いドル政策によって米国は、世界のLED照明需要市場の成長牽引役となり、世界の製品は相対的に安価になっている。このトレンドは、今後さらに2016年のアメリカ市場に影響を与えると見られている。一方、産業育成を維持するために米国はLED照明の地方でのアセンブリを促進する、これは地方市場の需要対応を改善し市場拡大となる。
 さらに、アメリカの主要メーカーは、LED照明の浸透度向上にともない、積極的にLED照明ビジネスを展開している。LED商用および産業用照明需要はUS市場では力強い。特に、Troffer、パネル照明、トンネル照明、ハイベイ照明の需要が最高成長であり、インテリジェント、光通信および他の新しいアプリケーション分野に向けた開発が始まっている。
 さらに、プラント照明市場は、コロラドやワシントンの合法医療大麻栽培と娯楽用マリワナの恩恵を受けている。ゴールドラッシュを狙う企業家や照明メーカーが行動を起こすのを待っている。
 東南アジアよおけるLED照明は近年力強い発展を見せており、従来の照明の置き換えが徐々に強化されている。2015年の全般的な経済環境の影響で成長は減速しているが、政策的刺激や置換需要の増加によりLED照明の浸透度と東南アジアへの輸入規模は今後数年は拡大を続けると見られている。東南アジアはLED照明製品を輸出する中国のメーカーにとって主要ハブになりつつある。
(詳細は、www.ledinside.com)