All about Photonics

Business/Market 詳細

Lighting as a Service市場、2021年に6億3870万ドル

October, 11, 2016, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ライティング・アズ・ア・サービスマーケット、2021までのグローバル予測」によると、市場は2016年の9530万ドルから、CAGR 46.3%(2016-2021)で成長して2021年には6億3870万ドルに達すると予測されている。
 世界市場は、大きく成長すると見られている。成長を後押しするのは、エネルギー効率のよい照明システム、従来の照明に対してエネルギー効率のよい照明システムの普及を支援する政府の政策。IoTと照明との融合も世界中でライティング・アズ・ア・サービス(LaaS)普及促進に寄与すると見られている。

予測期間において屋内セグメントが、導入で最大シェアを維持すると見られている。
 2015年、商用分野からの電力需要増加により、屋内セグメントがLaaS市場全体をリードしていた。しかし屋外セグメントの方が予測期間では成長率が高いと見られている。街路灯設計や効率的利用に向けたIoTとの融合促進が、LaaS市場における屋外導入分野成長の背景にある主要原動力。屋外導入は、街路灯、公園やレクレーション地域、駐車ガレージなどをカバーする。

商用セグメントがLaaS世界市場で最有力ユーザー
 商用セグメントは、予測期間を通じてLaaS世界市場で優位を占めると予測されている。一方、公共分野は最速成長セグメントを構成すると見られている。LaaSによる省エネやコスト削減が、持続可能性やエネルギー効率に注力する企業の視点から商用エンドユーザーを惹きつける。

北米がLaaS市場を牽引
 北米が世界のLaaS市場で優位を占めると予測されている。効率的な照明システムのコスト削減力活用に熱心な企業からの需要、地域のエネルギー消費削減のために従来の照明システムの段階的廃棄をサポートする政府の政策が市場成長の原動力となっている。