All about Photonics

Business/Market 詳細

防湿LEDリニア照明器具世界市場、2022年に23億4000万ドル

October, 7, 2016, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、特に湿気と埃のある場所向けに製造されるLEDリニア照明器具の世界市場予測を発表した。
 新調査によると、LED管またはLEDライトボード利用の防湿照明器具の世界消費額は、2015年の8億7200万ドルから2022年には23億4000万ドルに成長する(年成長率15.2%)。この調査の市場予測データは、特定暦年のもので累積データではない。
「防湿照明は広範な場所で必要とされている。例えば駐車場、産業ファシリティ、地下鉄、地下道/トンネル、スポーツファシリティ、屋内プール/エリア、ロッカールーム、食料品店の低温ディスプレイおよび、水蒸気、埃、汚染、湿気、水、多様な温度範囲に晒されるほぼ無限の環境」とElectroniCastのLED照明市場調査グループディレクタ、Stephen Montgomery氏は説明している。
 2015年の市場規模では、APAC地域がアメリカ地域をリード、3番手はEMEA(ヨーロッパ、中東とアフリカ)。しかし、アメリカ地域は、他の地域よりも年成長率が急であると予測されている。アメリカ地域が追いつきはじめ、最終的には相対市場シェアで追い越すと予測されている。
 徐々に、蛍光管置き換えの理想的候補であるLEDベースの線形ランプが、防湿照明市場セグメントで隙間市場を見つけると予測されている。LEDの効率は蛍光管の効率を凌駕するようになっており、調光や演色制御もすぐに達成される。
「新しいLED線形照明器具の潜在的利用は、既存の蛍光管ベースの照明器具に対して強力な競争力になる。蛍光管照明器具は、蛍光管を使用できるだけでなく、LED管で置き換えることも可能であるからだ」とMontgomery氏は話している。