All about Photonics

Business/Market 詳細

屋外照明コントロール市場、2025年に13億ドル

September, 28, 2016, Boulder--ナビガントリサーチは、屋外照明とコントロール世界市場を分析し、市場の問題、技術開発、地域トレンド、2025年までの照明器具とランプの出荷数を予測、展望している。
 屋外照明技術の効率が向上し低価格化が進んでいることから企業や政府は、運用コストの削減、炭素排出低減の方法としてアップグレードに投資している。今日の屋外照明システムの多くは、調光、夜間の自動シャットオフなどの基本的制御を利用して、より低コストで効率と品質の向上を能にするLED技術の進歩から利益を得ている。新しいレポートによると、モーションセンサ、フォトセル、インテリジェント制御、コントロールソフトウエアを含む屋外照明コントロール市場は、2016年の4億9200万ドルから、2025年には13億ドルに成長する見込みである。
「屋外照明技術の最近の進歩が、全ての屋外照明アプリケーションで、LED照明器具と照明コントロールの両方の急成長市場を形成した」とナビガントリサーチのマネージングコンサルタント、Allison Cross氏は指摘している。「既存屋外照明器具在庫の大きな割合が、今でも旧くて効率が良くない技術で構成されているが、市町村や他の組織が継続的に屋外照明を改良しているので、今後10年でLED照明器具が優勢な屋外照明技術として急速に市場を引き継いでいくと考えられる」。
同レポートによると、屋外照明システム向けのLED照明器具の出荷台数は、2016-2025年の期間にCAGR 6.3%で成長するが、全ての他の屋外照明技術の出荷数量は減少する見込みである。