All about Photonics

Business/Market 詳細

ハイベイ照明とランプの世界市場、2024年に約204億ドル

September, 27, 2016, Boulder--最近発表されたナビガントリサーチ(Navigant Research)のレポート「産業用およびハイベイ照明」は、6つの建築形式で産業用照明およびハイベイ照明の市場を調査し、2024年までの期間で、販売数量と収益を分析している。
 価格下落と効率向上によりLEDsが、現在蛍光照明がリードしているハイベイと産業用照明市場に浸透してきた。資本回収期間は、LEDsが選択されるポイントに届きつつある。LEDsが相対的にROIが早く、制御性や長期寿命、低メンテナンスなどが付加されるためである。ナビガントリサーチによると、ハイベイ照明器具とランプの世界的販売は、2024年に約204億ドルに達する見込みである。
 同社の主席調査アナリスト、Benjamin Freas氏によると、LED技術の先行投資コストに対する運営管理者の抵抗はまだかなり大きい。「しかし、LEDsは現在は高価であるが、将来的なコントロールアプリケーションが正常に機能するかどうかは、LED機能によって決まることを運営管理者も理解し始めている」と同氏はコメントしている。
 世界的に、ネットワーク化された照明コントロールは、2024年にかけて売り上げが一貫して拡大すると予測されている。増加するLED販売の同じ傾向が、2020年以降も続くと見られており、平均販売価格は、継続的に下落し、長寿命のLED電球のインストールベースが増加するにともないランプの置き換え販売は減速する。