All about Photonics

Business/Market 詳細

フォトニクス市場、2024年には9799億ドル

August, 17, 2016, San Francisco--グランドビューリサーチ(Grand View Research, Inc)の調査レポートによると、フォトニクスの世界市場規模は、2024年に9799億ドルに達する見込みである。市場成長見通しは、技術的に強化された製品開発や関連サービスに対する業界の急速なイノベーション、新たな市場開発のチャンス拡大に帰することができる。
調査レポートの要点
・LEDは、2015年の市場全体の約10%を占めており、予測期間を通じて高い成長が見込まれている。これは、高効率な再生可能エネルギーデバイスの普及を進めるために世界中で新たな法規制や政策が導入されていることによる。LEDは、従来の電球の代替として、エネルギー効率がよく、高性能で環境に優しい。有機および無機LEDの開発と並行して、発光ナノワイヤや量子ドット、大面積発光プラスチックなどが次の8年で需要を押し上げると予測されている。

・レーザは、予測期間、2016-2024年にCAGR 7%成長が見込まれている。このセグメントの成長は主に、次世代ピコプロジェクタの光源として小型レーザプロジェクションユニットを組み込むために業界で急速に開発が進んでいるためである。レーザは、繊維製品や衣類の製造、またファインケミカルや薬品の製造でもますます使われるようになっている。

・ディスプレイは、次の8年で重要なアプリケーションセグメントとして登場すると見られている。より鮮明で、優れた色、エネルギー効率がよい、安価な薄型ディスプレイ機器の開発が増えているためである。フレキシブルなディスプレイ、小型ディスプレイ、ホログラフィックディスプレイ、改善されたタッチ、モーションフィードバックディスプレイなどの普及増が、新たな製品開発、既存製品の改善につながる。

・市場規模では、北米が2015年の世界フォトニクス市場で優勢だった。予測期間を通じてその優位性は維持されると見られている。この地域の需要は主に、先進的技術の採用増加が原動力になっている。米国が、フォトニクス促進技術のR&Dで公共支出、政府の融資の形で大きな投資をもたらすと見られている。ヨーロッパは予測期間を通じてかなりの成長が予測されている。この技術の開発促進のための研究施設設立が増えるためである。
(詳細は、www.grandviewresearch.com)