All about Photonics

Business/Market 詳細

自動車用照明市場、2021年に295億ドル

April, 8, 2016, Hadapsar--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「自動車用照明市場」によると、市場は2021年までの予測期間でCAGR 7.22%で成長して、2021年には295億3000万ドルに達する。市場を牽引するのは、自動車生産の増加、自動車照明分野の技術進歩、夜間ドライビングの安全性に対する関心の高まり。

前照灯が最大セグメント
 レポートは、市場区分のために自動車の4つの照明位置を考えている。すなわち、前部、後側、インテリア。前照灯は、2021年までに金額で最大の自動車照明セグメントを構成する。結果として、セグメントおよび地域で自動車製造の増加が前照灯システムの需要に影響を与える。高級と快適さ志向によにり、車内セグメントの照明も注目度が高まる。

自動車照明の未来はLED
 レポートは、自動車照明を3つの主要技術で分類している、ハロゲン、キセノン、LED。レーザとOLED技術が発表されているが、それらはまだ開発段階にある。キセノンは近年、急成長しているが、超高輝度照明は対向交通を幻惑させる。LEDライトは、従来の照明システムと比較して、エネルギー効率がよく、軽量で占める空間が少ない。LEDにはこうした利点があるので、世界中で自動車へのLEDの採用が増加する。